Top >  慢性閉塞性肺疾患(COPD) >  COPDの症状と治療法

COPDの症状と治療法

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の症状の段階にあわせて、 次の表のように治療法が選択されます。

段階 用いられる治療法
0期
リスク群
・禁煙
・インフルエンザワクチンの接種
1期
軽症
・必要に応じて短時間作用型気管支拡張薬
2期
中等症
・呼吸リバビリ
・長期作用型気管支拡張薬
3期
重症
・吸入ステロイド薬の考慮
4期
最重症
・長期酸素療法
・外科的治療の考慮

COPDの症状と治療法 (出典:慢性安定期COPDの病気別管理:COPD診断と治療のためのガイドライン第2版)

COPDの症状が軽いうちは治療法も少ないのですが、症状が重くなれば、軽い症状の治療に加えて新たな治療法が用いられます。

COPDの症状と治療法

COPDの治療薬メイン

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

肺の生活習慣病で一般的なものは COPD(慢性閉塞性肺疾患)と呼ばれる病気です。COPDは喫煙が重大な危険因子です。
COPDが発症すればとのような症状になるのか、また改善・治療する方法について説明します。

関連エントリー

COPD(慢性閉塞性肺疾患)とは COPDの治療と禁煙 COPDの治療薬 COPDの症状と治療法