Top >  痛風 >  痛風の初期症状

痛風の初期症状

痛風の初期症状痛風発作 と呼ばれる「風が当たっても痛い」というほど激しい痛みと腫れが特徴です。

痛風は、まず血液中の尿酸値が高い「高尿酸血症」からはじまります。

痛風の初期症状高い尿酸値を放置していると、尿酸は針状の結晶となって身体のあらゆる場所、特に関節に沈着します。 尿酸の結晶が沈着したところに痛風発作 が現れます。この痛風発作による初期症状は非常に激しく、 関節が赤く腫れ上がり、数日間全く歩けないほどです。

ですが、この初期症状は1週間から10日ほどたつと治まり、やがて痛みはなくなります。

ところが、初期症状が治まったからといって、 痛風が治ったと思うのは大間違い。尿酸値をコントロールしなければ、 痛風の症状は着々と進行しているのです。

進行した痛風の症状はこちら→痛風の症状

痛風の初期症状が現れる箇所

痛風の初期症状

痛風の引き金となる高尿酸血症は、尿酸値が7.0mg/dl以上の場合を指します。

また、痛風発作はひざや足関節など、下半身で主に発症しますが、約90%が足指関節やその付近の関節で起こるとされていて、 特に足の親指の付け根に発作が起こるケースが最も多いです。

痛風の初期症状の起こりやすい箇所は左の図のとおりです。

 

痛風と尿酸値メイン痛風の症状

痛風

痛風は食事の欧米化に伴って増加してきました。現在、痛風患者数は約50万人と言われています。
痛風は圧倒的に男性に多いのが特徴ですが、近年は発症年齢の若齢化や、女性の痛風患者数も徐々に増えています。

関連エントリー

痛風の原因 痛風と尿酸値 痛風の初期症状 痛風の症状 痛風とプリン体 尿酸はプリン体以外でも増える プリン体と食品 痛風の合併症 痛風腎 痛風の予防 痛風の治療法 痛風発作の治療 痛風の食事療法 痛風の運動療法 痛風の治療薬 偽痛風とは つらくない痛風予防の食事メニューのポイント