Top >  痛風 >  痛風の原因

痛風の原因

痛風の原因は、血液のなかにある尿酸という物質の濃度が異常に高くなる「高尿酸血症」です。

痛風の生活習慣の悪化によって尿酸値が上昇し、ある一定の限界を超えると、尿酸が結晶となって関節にたまり、 激しい関節痛を引き起こします。これが痛風の原因です。さらに症状が進行すると、 尿酸の結晶は腎臓をはじめとする内臓にも沈着し、 命にかかわるような合併症を引き起こします。

従来、痛風といえば中年男性の病気でしたが、近年では女性や若年層にも広がりを見せています。痛風が増えた原因は肥満の増加、 特に内蔵脂肪型肥満の増加だと考えられています。

痛風の原因 痛風の原因と考えられている危険因子は、過剰なエネルギー摂取、 プリン体の多い食品の摂りすぎ、体内の水分不足、アルコールの飲みすぎ、尿の酸性化、運動不足、ストレス、遺伝的要因などです。

生活習慣の悪化が痛風の主な原因であることから、痛風は生活習慣病だといえます。 尿酸値を下げるための日常生活での注意事項に気をつけ、痛風の原因を取り除きましょう。

メイン痛風と尿酸値

痛風

痛風は食事の欧米化に伴って増加してきました。現在、痛風患者数は約50万人と言われています。
痛風は圧倒的に男性に多いのが特徴ですが、近年は発症年齢の若齢化や、女性の痛風患者数も徐々に増えています。

関連エントリー

痛風の原因 痛風と尿酸値 痛風の初期症状 痛風の症状 痛風とプリン体 尿酸はプリン体以外でも増える プリン体と食品 痛風の合併症 痛風腎 痛風の予防 痛風の治療法 痛風発作の治療 痛風の食事療法 痛風の運動療法 痛風の治療薬 偽痛風とは つらくない痛風予防の食事メニューのポイント