Top >  痛風 >  つらくない痛風予防の食事メニューのポイント

つらくない痛風予防の食事メニューのポイント

痛風予防の食事メニュー 痛風予防の食事メニューの基本ポイントは、プリン体の多い食品と、 カロリー摂取を控えること。

しかし、食事制限に苦しさを感じていては長続きしません。

そこで、できるだけ食事の楽しさを味わいながら痛風予防ができるメニューのポイントをまとめました。

痛風予防の食事のポイント1:料理はだし味で

だし味はアミノ酸を主体とし、塩分や脂肪分が少なくても「うまみ」を感じることのできる味付けです。

血中の尿酸濃度が増えると高血圧が促進されます。だし味を利用して減塩・低カロリーで痛風とその合併症を予防しましょう。

痛風予防の食事のポイント2:植物性タンパク質を積極的に

健康維持のためにはタンパク質は欠かせませんが、動物性のタンパク質源はプリン体を多く含むものが多いです。

一方、豆腐・納豆などの大豆製品には良質の植物性タンパク質が多く含まれ、 しかもプリン体は少ないので痛風予防に適しています。

痛風予防の食事のポイント3:動物性脂肪をなるべく摂らないように

痛風予防の食事メニュー 動物性食品はプリン体が多いだけでなく、コレステロールも多く含みます。

できるだけ食事で摂らないようにしたいですが、プリン体は水に溶け出やすいという性質を持っているので、ゆでる、 煮るなどのメニューの工夫で減らすことも可能です。

偽痛風とはメイン

痛風

痛風は食事の欧米化に伴って増加してきました。現在、痛風患者数は約50万人と言われています。
痛風は圧倒的に男性に多いのが特徴ですが、近年は発症年齢の若齢化や、女性の痛風患者数も徐々に増えています。

関連エントリー

痛風の原因 痛風と尿酸値 痛風の初期症状 痛風の症状 痛風とプリン体 尿酸はプリン体以外でも増える プリン体と食品 痛風の合併症 痛風腎 痛風の予防 痛風の治療法 痛風発作の治療 痛風の食事療法 痛風の運動療法 痛風の治療薬 偽痛風とは つらくない痛風予防の食事メニューのポイント