Top >  脳血管障害 >  脳卒中のリハビリテーション

脳卒中のリハビリテーション

脳卒中の症状として、手足が動きにくくなる、あるいは全くま動かなくなる「まひ」があります。 脳卒中の病状が落ち着いたあと、まひは徐々に改善していきますが、 その回復をより進めるためにリハビリテーションが行われます。

脳卒中のリハビリテーション つまり、リハビリテーションは脳卒中の自然の治癒課程を助け、 病状をより改善するものだということです。ですから、残念ながら、 重度の脳損傷が起こってしまった場合、リハビリテーションの効果がほとんど見られない場合もあります。

とは言っても、リバビリテーションを怠ることで、治る病状も回復しなかったり、 関節がこわばって動けなくなってしまうことは避けなければなりません。

また、「必ず治るんだ」という強い希望を持ってリバビリテーションを行うことも、 リハビリテーションの効果を最大限に発揮するためには大切なことです。


 

脳卒中とはメイン脳梗塞とは

脳血管障害

脳血管障害(脳血管疾患)は脳の動脈に異常が起きて、脳の機能に障害が生じる病気です。
脳血管障害は心疾患と比べて死亡率は低いものの、車イスや寝たきり生活を余儀なくされる可能性が高い疾患です。

関連エントリー

脳血管障害(脳血管疾患)とは 脳卒中とは 脳卒中のリハビリテーション 脳梗塞とは