Top >  心疾患 >  心筋梗塞の治療法

心筋梗塞の治療法

急性期の心筋梗塞の治療

心筋梗塞の急性期の治療法として、まず、心臓の筋肉細胞の破壊を最小限にするために安静、 酸素吸入、モルヒネ投与、などが行われます。心筋梗塞では血液の供給が不足するため、心臓の酸素消費を最小限にするとともに、 酸素供給を最大限にする必要があります。

再灌流療法

心筋梗塞の治療法 さらに、心筋梗塞の治療法として、詰まった冠動脈を開通し、 血液が通れるように再灌流療法が行われます。再灌流療法としては、 次のようなものがあります。

  • 冠動脈にできた血栓を溶かす血栓溶解療法
  • 詰まった血管内で風船を膨らませ欠陥を押し広げる冠動脈形成術(風船療法)

このような治療法によって、心筋梗塞の原因である詰まった血管を開通させます。

また、このような治療は、一般的に発症後6時間以内に行われますが、24時間以内の治療でも、 その意義はあるとされています。

安定期の心筋梗塞の治療法

安定期の心筋梗塞の治療法としては

  • 食事療法
  • 運動療法
  • 薬物療法

が行われます。

心筋梗塞の治療法心筋梗塞の危険因子として、動脈硬化・糖尿病・高脂血症があることから、安定期の治療には、こ れらを解消するための生活習慣の改善(食事療法・運動療法)が大切になります。

また、心臓の筋肉の破壊を最小限にし、血栓や、そのもととなるプラークの発生を抑えるための薬も投与されます。

心筋梗塞の予防法メイン

心疾患

心疾患とは心臓の動脈(冠動脈)が異常をきたすことから発症します。心疾患は心臓が機能しなくなり、生命に危険をもたらす重大な生活習慣病です。

関連エントリー

狭心症と心筋梗塞の違い 心筋梗塞の症状 心筋梗塞の予防法 心筋梗塞の治療法