Top >  糖尿病 >  糖尿病の食事療法

糖尿病の食事療法

糖尿病の食事療法 日本人の糖尿病の90%以上を占める2型糖尿病の治療は食事療法と運動療法がまず基本として行われますが、 ここでは食事療法についてお話します。

どのタイプの糖尿病でも食事療法は非常に重要な治療法ですが、 糖尿病の食事療法には2つの側面があります。

一つ目は、糖尿病による代謝異常を改善し、 血糖値をコントロールすることです。糖尿病の症状を改善し、治療するという目的です。

1型糖尿病の人は血糖値をコントロールすることで、インスリン(インシュリン)の量を減らすことができます。 2型糖尿病の人は適切な体重を維持することで薬物療法の必要がなくなります。

二つ目は、健康な人と同じような生活を送るために必要な栄養を摂取することです。ビタミン、 ミネラル、たんぱく質などが不足することのないような栄養バランスのとれた食事をとること必要です。

糖尿病を改善する食事では、食事の量や質だけでなく、タイミングも大切です。食事のあとは血糖値が上昇するので、 急激な血糖値の上昇を避けるため、一日三食のカロリーをできるだけ平均化し、また、食事と食事の間を空けすぎないように、 規則正しく食事をとることが大切です。

糖尿病の患者さんは多食の人が多く、食事療法を始めると、糖尿病食の食事量に不満を持つこ糖尿病の食事療法 とがあります。

しかし糖尿病の患者さんはインスリンの働きが悪いため、たくさん食べても食事のカロリーが身体の細胞に吸収されないので、 空腹感を感じているのです。
糖尿病食では一日の活動に必要なカロリーが計算されていますので、カロリー不足になることはありません。また、 血糖値のコントロールが不十分なときは空腹感を強く感じやすいということもあります。

ただし、食事療法の際に一つ気をつけるべきことは 「低血糖にならないようにする」ということです。低血糖状態になると急激に症状が現れるため、 治療は緊急を要します。

糖尿病の食事療法のポイント

  • 適切な標準体重を維持できるようカロリー摂取を適切な範囲にしましょう
  • タンパク質・ビタミン・ミネラルなどのバランスの取れた食事をしましょう
  • 一日三食、規則正しく食事し、まとめ食いを止めましょう
  • 低血糖に注意しましょう

血糖値が気になる方におすすめするトクホ(特定保健用食品)

大塚製薬の「賢者の食卓」

トクホ特定保健用食品(トクホ)は生活習慣病の危険因子(リスクファクター)を減らすのに役立つように工夫された食品です。
動物実験・臨床試験などによって安全性と効能が科学的に検証され、厚生労働省の審査を合格した食品です。

糖尿病の治療メイン糖尿病食の献立の基本

糖尿病

糖尿病は血糖値が異常に高くなることから始まります。
糖尿病は最初は自覚症状がないため軽くみられがちですが、心疾患や脳血管疾患をはじめ、さまざまな合併症の引き金になる病気です。
糖尿病を予防・改善するための運動療法と食事療法、治療薬についてのガイドラインを説明します。

関連エントリー

糖尿病と血糖値 糖尿病とインスリン(インシュリン) 糖尿病の検査 ヘモグロビンA1c(HbA1c)とは 糖尿病の原因 1型糖尿病とは 2型糖尿病とは 糖尿病の症状 糖尿病の初期症状 1型糖尿病の急性症状 2型糖尿病の急性症状 糖尿病の合併症 糖尿病性網膜症の原因と症状 糖尿病性腎症の原因と症状 糖尿病性神経障害(神経症)の原因と症状 糖尿病の予防 糖尿病の治療 糖尿病の食事療法 糖尿病食の献立の基本 糖尿病の運動療法 糖尿病の運動療法の方法と効果 糖尿病の治療薬 糖尿病とは