Top >  糖尿病 >  糖尿病の予防

糖尿病の予防

糖尿病予防は、現在の日本の切実な健康問題です。現在、 糖尿病患者と糖尿病予備軍をあわせて日本の人口の約1/10を占めると言われています。 中高年に限ると4から5人に一人が当てはまるとされています。

糖尿病予防は糖尿病の危険因子をできる限り取り除くことです。危険因子は「遺伝的要因」糖尿病の予防 「環境的要因」 に分類できます。

遺伝的要因とは、親や祖先に糖尿病の患者がいた場合、子孫も糖尿病になりやすい体質である場合が多い、ということです。 決して糖尿病が遺伝するということではなく、体質が似て、発症の危険性が高いということです。したがって、そのことを自覚し、 糖尿病の予防に努めていれば、多くの場合、発症を予防できます。

反対に、たとえ祖先に糖尿病の患者がいなくても、悪い生活習慣を続け、予防に努めなければ、糖尿病になる可能性は高くなります。

糖尿病の予防 環境的要因とは、食習慣・運動習慣・ストレス・肥満などがあげられます。 特に都市型のライフスタイルはこれらの要因の悪化を招き、糖尿病を引き起こすもとになりがちです。

次のグラフは農村住民と都市住民糖尿病患者の割合を比較した表です(単位は%)

人種 男性 女性
南インド人,インド人 農村 3.7
都市 11.8
1.7
11.2
フィジー,メラネシア人 農村 2.1
都市 5.2
1.7
11.9
キラバチ,ミクロネシア人 農村 4.0
都市 15.8
4.6
11.0
西サモア,ポリネシア人 農村 2.1
都市 10.7
5.9
10.4

(King H et al.)

このように、同じ人種でもライフスタイルの違いによって糖尿病の発症率がかなり異なることがわかります。 糖尿病を予防するためにはライフスタイルを改善し、環境的要因を排除することも有効な方法なのです。

血糖値が気になる方におすすめするトクホ(特定保健用食品)

大塚製薬の「賢者の食卓」

トクホ特定保健用食品(トクホ)は生活習慣病の危険因子(リスクファクター)を減らすのに役立つように工夫された食品です。
動物実験・臨床試験などによって安全性と効能が科学的に検証され、厚生労働省の審査を合格した食品です。

糖尿病性神経障害(神経症)の原因と症状メイン糖尿病の治療

糖尿病

糖尿病は血糖値が異常に高くなることから始まります。
糖尿病は最初は自覚症状がないため軽くみられがちですが、心疾患や脳血管疾患をはじめ、さまざまな合併症の引き金になる病気です。
糖尿病を予防・改善するための運動療法と食事療法、治療薬についてのガイドラインを説明します。

関連エントリー

糖尿病と血糖値 糖尿病とインスリン(インシュリン) 糖尿病の検査 ヘモグロビンA1c(HbA1c)とは 糖尿病の原因 1型糖尿病とは 2型糖尿病とは 糖尿病の症状 糖尿病の初期症状 1型糖尿病の急性症状 2型糖尿病の急性症状 糖尿病の合併症 糖尿病性網膜症の原因と症状 糖尿病性腎症の原因と症状 糖尿病性神経障害(神経症)の原因と症状 糖尿病の予防 糖尿病の治療 糖尿病の食事療法 糖尿病食の献立の基本 糖尿病の運動療法 糖尿病の運動療法の方法と効果 糖尿病の治療薬 糖尿病とは