Top >  糖尿病 >  糖尿病性神経障害(神経症)の原因と症状

糖尿病性神経障害(神経症)の原因と症状

糖尿病性神経障害 糖尿病性神経障害(神経症)は、高血糖状態によって毛細血管がダメージを受け、 最終的に末梢神経が障害を受ける病気です。

手足のしびれや痛み、筋力の低下、感覚が鈍くなるという初期症状があるため、糖尿病性神経障害は、 糖尿病性網膜症や糖尿病性腎症と比べて早い時期に現れるのが特徴です。

糖尿病性神経障害の原因

糖尿病性神経障害の原因は、一つは血糖値の高すぎるために末梢の毛細血管の血流が悪くなり、 神経が侵されることで糖尿病性神経障害す。

もう一つ考えられるのは、ブドウ糖が還元されてできたアルドースが神経細胞にたまり、ポリオール代謝異常を引き起こすことです。

末梢神経が侵されることによって、手足のしびれが生じたり、熱さや冷たさなどの感覚や痛覚も鈍くなります。 末梢への栄養供給が悪くなることで、免疫力が低下し、細菌感染を起こしやすくなります。

糖尿病性神経障害の症状

糖尿病性神経障害の主な症状は次のように分類されます

神経障害の種類 症 状
感覚神経・運動神経障害 しびれ、感覚麻痺、神経痛、こむらがえりなど
自律神経障害 発汗異常、内臓異常、勃起障害など
その他 血管閉塞 脳神経障害(顔面神経麻痺)など

糖尿病性神経障害が進行すると、最悪の場合、免疫力が低下し、足先などに傷ができやすいうえに、感覚が麻痺しているので、 感染を放置してしまい、壊疽となってしまい、足を切断するというケースもあります

血糖値が気になる方におすすめするトクホ(特定保健用食品)

大塚製薬の「賢者の食卓」

トクホ特定保健用食品(トクホ)は生活習慣病の危険因子(リスクファクター)を減らすのに役立つように工夫された食品です。
動物実験・臨床試験などによって安全性と効能が科学的に検証され、厚生労働省の審査を合格した食品です。

糖尿病性腎症の原因と症状メイン糖尿病の予防

糖尿病

糖尿病は血糖値が異常に高くなることから始まります。
糖尿病は最初は自覚症状がないため軽くみられがちですが、心疾患や脳血管疾患をはじめ、さまざまな合併症の引き金になる病気です。
糖尿病を予防・改善するための運動療法と食事療法、治療薬についてのガイドラインを説明します。

関連エントリー

糖尿病と血糖値 糖尿病とインスリン(インシュリン) 糖尿病の検査 ヘモグロビンA1c(HbA1c)とは 糖尿病の原因 1型糖尿病とは 2型糖尿病とは 糖尿病の症状 糖尿病の初期症状 1型糖尿病の急性症状 2型糖尿病の急性症状 糖尿病の合併症 糖尿病性網膜症の原因と症状 糖尿病性腎症の原因と症状 糖尿病性神経障害(神経症)の原因と症状 糖尿病の予防 糖尿病の治療 糖尿病の食事療法 糖尿病食の献立の基本 糖尿病の運動療法 糖尿病の運動療法の方法と効果 糖尿病の治療薬 糖尿病とは