Top >  糖尿病 >  糖尿病の初期症状

糖尿病の初期症状

糖尿病の初期症状として次のようなものがあります。これらの初期症状は、 糖尿病そのものに直接関係する症状です。症状の早期発見と予防に努めましょう。

1型・2型糖尿病に共通の初期症状

糖尿病の初期症状   糖尿が出る

血糖値が160mg/dl程度を超えると、尿の中に糖分が含まれるという初期症状が現れます。

 

尿の回数が多くなる(多尿症)

尿の糖分を薄めるために、多量の水を排泄する結果、尿の回数や量が多くなるという初期症状が現れます。

のどが渇き水を大量に飲む(多渇症)

多尿のため、身体が水分を大量に欲しくなり、大量に水を飲むようになります。

身体がだるく、疲れやすくなる

糖尿病でインスリンが機能しなくなると食べた糖分や脂肪分を身体の細胞に吸収することができず、エネルギー不足となり、 疲れやすいという初期症状が現れます。

やせてくる

食事のエネルギーが利用できないため、身体は筋肉を分解してエネルギーを得ようとし、その結果、やせしまいます。 またミネラル分も尿に溶け出て、疲労感は加速されます

食欲が異常に強くなる糖尿病の初期症状

身体がエネルギー不足となるとなるため、強い空腹感を感じ、食欲は旺盛になります

これらの糖尿病の初期症状は出ない場合もあり、糖尿病がかなり進行してはじめて自覚症状として感じられる場合もあります。

血糖値が気になる方におすすめするトクホ(特定保健用食品)

大塚製薬の「賢者の食卓」

トクホ特定保健用食品(トクホ)は生活習慣病の危険因子(リスクファクター)を減らすのに役立つように工夫された食品です。
動物実験・臨床試験などによって安全性と効能が科学的に検証され、厚生労働省の審査を合格した食品です。

糖尿病の症状メイン1型糖尿病の急性症状

糖尿病

糖尿病は血糖値が異常に高くなることから始まります。
糖尿病は最初は自覚症状がないため軽くみられがちですが、心疾患や脳血管疾患をはじめ、さまざまな合併症の引き金になる病気です。
糖尿病を予防・改善するための運動療法と食事療法、治療薬についてのガイドラインを説明します。

関連エントリー

糖尿病と血糖値 糖尿病とインスリン(インシュリン) 糖尿病の検査 ヘモグロビンA1c(HbA1c)とは 糖尿病の原因 1型糖尿病とは 2型糖尿病とは 糖尿病の症状 糖尿病の初期症状 1型糖尿病の急性症状 2型糖尿病の急性症状 糖尿病の合併症 糖尿病性網膜症の原因と症状 糖尿病性腎症の原因と症状 糖尿病性神経障害(神経症)の原因と症状 糖尿病の予防 糖尿病の治療 糖尿病の食事療法 糖尿病食の献立の基本 糖尿病の運動療法 糖尿病の運動療法の方法と効果 糖尿病の治療薬 糖尿病とは