Top >  糖尿病 >  ヘモグロビンA1c(HbA1c)とは

ヘモグロビンA1c(HbA1c)とは

ヘモグロビンA1c ヘモグロビンA1c(HbA1c) とは、 過去1,2ヶ月の血糖値の状態がわかる値です。ヘモグロビンA1cを測定することで、 最近の糖尿病の治療状況がわかります。また、 ヘモグロビンA1cは糖尿病の診断にも用いられます。

糖尿病の診断は空腹時血糖値の測定や尿糖の有無、自覚症状(多尿、多飲など)の有無などで行われます。ところが、 糖尿病患者のタイプによっては、空腹時血糖値は正常、尿にも糖分が含まれていないが、食後に異常に血糖値が上がるという糖尿病もあります。 ヘモグロビンA1c検査では、 このような見過ごされやすい状態の糖尿病を診断することが可能です

また、血糖値はそのときの食事内容、体調、ストレスなどによって変化しやすい、不安定な値です。一方、 ヘモグロビンA1cは過去1,2ヶ月の血糖値の変動の平均を表しています。したがって、糖尿病治療には、 ヘモグロビンA1cの値を下げることを目標とするほうがよいとされています。

ヘモグロビンA1cの評価

ヘ モグロビンA1cの値と血糖値のコントロールの評価は次のようになります。

ヘモグロビンA1c(HbA1c)とは

 

ヘモグロビンA1cがなぜ有効か

ヘモグロビンA1cとは、別名糖化ヘモグロビンともいい、ヘモグロビンにブドウ糖がくっついたものです。 ヘモグロビンA1c

ヘモグロビンとは血液中の酸素を運ぶ赤血球に含まれる色素です。このヘモグロビンは血液中のブドウ糖とくっつきやすく、 しかも一度くっつくと離れません。

血糖値が高い、つまり血液中のブドウ糖が多くなると、それだけ多くのブドウ糖がヘモグロビンにくっつくことになり、 一度くっつくと離れませんから、ヘモグロビンA1cの割合(%)を調べることで最近の血糖のコントロール状況がわかるのです。

血糖値が気になる方におすすめするトクホ(特定保健用食品)

大塚製薬の「賢者の食卓」

トクホ特定保健用食品(トクホ)は生活習慣病の危険因子(リスクファクター)を減らすのに役立つように工夫された食品です。
動物実験・臨床試験などによって安全性と効能が科学的に検証され、厚生労働省の審査を合格した食品です。

糖尿病の検査メイン糖尿病の原因

糖尿病

糖尿病は血糖値が異常に高くなることから始まります。
糖尿病は最初は自覚症状がないため軽くみられがちですが、心疾患や脳血管疾患をはじめ、さまざまな合併症の引き金になる病気です。
糖尿病を予防・改善するための運動療法と食事療法、治療薬についてのガイドラインを説明します。

関連エントリー

糖尿病と血糖値 糖尿病とインスリン(インシュリン) 糖尿病の検査 ヘモグロビンA1c(HbA1c)とは 糖尿病の原因 1型糖尿病とは 2型糖尿病とは 糖尿病の症状 糖尿病の初期症状 1型糖尿病の急性症状 2型糖尿病の急性症状 糖尿病の合併症 糖尿病性網膜症の原因と症状 糖尿病性腎症の原因と症状 糖尿病性神経障害(神経症)の原因と症状 糖尿病の予防 糖尿病の治療 糖尿病の食事療法 糖尿病食の献立の基本 糖尿病の運動療法 糖尿病の運動療法の方法と効果 糖尿病の治療薬 糖尿病とは